Javascriptの設定を有効にしてください。お使いのブラウザはJavaScriptをサポートしていないか、JavaScriptの設定が無効になっています。このサイトでは、JavaScriptを使用しています。すべての機能をご利用希望の方は、JavaScriptを有効にしてください。

あなたの楽器が高額買取のチャンス!

高額買取アイテム

BOSS(ボス)DM-3の買取価格・査定例!高価買取が期待できる機種・モデルは?

1984年にBOSS DM-2の後継機として発売されたBOSS DM-3。デジタル・ディレイが一般的となっている現行機とは違い、アナログ・ディレイが特徴のコンパクト・エフェクターです。REPEAT RATE・ECHO・INTENSITYの3つのつまみから作り出すディレイ・サウンドは、アナログならではの味を出しています。

今回は、そんなBOSS DM-3の買取査定価格や高価買取ができるモデルの紹介をしていきます。

BOSS(ボス)DM-3の買取相場

結論から言えば、BOSS DM-3は高価買取を期待してもいいモデルのエフェクターです。中古市場でも人気があり、高値で取引をされています。そんなBOSS DM-3が、買取価格に与えている特徴をみていきましょう。

人気機種BOSS(ボス)DM-2の後継機であるBOSS(ボス)DM-3

BOSS DM-3は、元々人気のあったBOSS DM-2の後継機として発売されました。BOSS DM-2は独特のあたたかみがあるアナログ・サウンドで、いまだにプロも愛用するほどです。そのBOSS DM-2進化版としてリリースされたため、BOSS DM-3も同じように需要のある機種となっています。

BOSS DM-3はBOSS DM-2に比べてノイズリダクション処理が強化され、さらに使いやすく改良されました。アナログならではの魅力であるあたたかいディレイ・サウンドは、BOSS DMシリーズの魅力です。デジタル・ディレイが主流となっている現代の音楽でも、アナログ独特のサウンドを求める人も多く、買取市場でも人気のエフェクターとなっています。

布袋寅泰も愛用で人気のBOSS(ボス)DM-3

BOSS DM-3は多くのギタリストが愛用していますが、中でも布袋寅泰が使用していることで有名です。布袋寅泰は氷室京介とともに組んでいたBOOWYで活躍したギタリストで、今も現役でソロギタリストとして活躍しています。BOOWY世代のギタリストは、布袋寅泰の音を再現するためにもBOSS DM-3が必要です。

有名ギタリストが使っているエフェクターというのは、使われていないエフェクターよりも高価買取されやすくなっています。好きなギタリストの音を再現したいと思う人は多く、たくさんある種類から選ぶきっかけとなり、需要が増えるからです。日本国内で絶大な人気を誇る布袋寅泰がBOSS DM-3を使用しているという事実は、需要を高めて買取価格を上げる理由となっています。

生産終了のため中古でも高値で買取されるBOSS(ボス)DM-3

BOSS DM-3は1984年に生産が開始されましたが、1988年には生産が終了しています。現在は作られていないモデルのため、希少価値としては高くなりました。現在のBOSSはデジタル・ディレイが主流なため、アナログ・ディレイであるBOSS DMシリーズはヴィンテージ・エフェクターとして認識されています。

一般的に、生産終了されたモデルは高価買取してもらえる可能性が高くなります。破損などで数が減ることはあってもこれ以上に数が増えることはないので、希少価値が高くなる一方だからです。希少性が高くなれば手に入れることも難しくなるので、高価買取の期待ができる機種となります。

BOSS(ボス)DM-3で高価買取が期待できる機種・モデル

BOSS DM-3は高価買取の期待できる機種ですが、機種によって買取価格の違いがあるか気になる人がいるかもしれません。一般的にひとつのモデルには仕様を変えたモデルや復刻版など、横展開されることがあるからです。

ここでは、BOSS DM-3の高価買取が期待できる機種について紹介していきます。

BOSS(ボス)DM-3 / Delay

BOSS DM-3は横展開されることなく、1984〜1988年に製造されたものだけになります。BOSS DM-3の発売と同時期にデジタル・ディレイのBOSS DD-1の販売が始まったため、後継機として発売されているモデルもありません。BOSSのアナログ・ディレイを求める場合は、BOSS DMシリーズを求めることになります。

BOSS DM-3 / Delayの特徴は、なんといってもヴィンテージ感のあるアナログ・サウンドです。現代で主流となっているデジタル・ディレイとは違い、あたたかみのある奥深いサウンドが良い味を出しています。今でもアナログ・サウンドを好む人は多く、BOSS DM-3 / Delayは需要のなくならない機種のひとつです。

BOSS DM-3 / Delayは、珍しい形のつまみが採用されています。三角形の並びはBOSS DM-2と変わりませんが、他のBOSS製品には見られないデザインです。このつまみデザインには賛否両論ありますが、エフェクターマニアにとっては購入したい理由のひとつとなるため、中古市場でもいまだに人気のあるエフェクターとなっています。

BOSS(ボス)DM-3の復刻版は販売なし

BOSSの初期型エフェクターで人気のあったモデルは、復刻版として発売されることも多いですが、BOSS DM-3では復刻版の発売がありません。同じくBOSS DM-1でも復刻版の発売がなく、BOSS DMシリーズの中で復刻版が発売されているのはBOSS DM-2だけとなっています。人気のあったBOSS DM-2の復刻版が発売されていることで、BOSS DM-3の復刻版が発売される可能性はより低くなりました。

復刻版の発売がないことで、BOSS DM-3の希少価値は上がっています。実際、よりモダンに改良された復刻版が発売されると古いモデルの需要は少し下がりますが、BOSS DM-3を求める人は古い初期型を買わざるを得ないからです。レアエフェクターとしての価値をより高くし、高価買取の期待できるモデルと言っていいでしょう。

BOSS(ボス)DM-3とBOSS(ボス)DM-2の仕様・買取価格の違い

BOSS DM-2の後継機であるBOSS DM-3は、仕様や買取価格も違っています。ここでは、いまだに人気を誇るBOSS DM-2とBOSS DM-3の違いを詳しく紹介していきます。

BOSS(ボス)DM-2よりも人気は劣るが根強い人気のBOSS(ボス)DM-3

BOSS DM-2の進化版としてリリースされたBOSS DM-3ですが、実はBOSS DM-2のほうが人気があり、高価買取されるモデルとなっています。つまみのデザインが気に入らない、音が若干違うといった理由があるからです。しかし、BOSS DM-3が人気のないモデルなわけではなく、BOSS DM-2の人気がすごいだけなので安心してください。

BOSS DM-3もすでに生産は終了しており、レアエフェクターとして認識されています。BOSSのアナログ・ディレイを好む人はBOSS DMシリーズを求めるため、BOSS DM-1からBOSS DM-3まで需要のある機種と言えるでしょう。もし、あなたの持っているエフェクターがBOSS DM-2ではなくBOSS DM-3だったとしても、ガッカリすることはありません。

BOSS(ボス)DM-3はBOSS(ボス)DM-2を値下げするために製造

BOSS DM-3はBOSS DM-2の後継機として発売されたモデルですが、実はBOSS DM-2を値下げするために作られたとも言われています。BOSSはデジタル・ディレイであるBOSS DD-2 Digital Delayの発売にあたって、BOSS DM-2を24,800円から19,800円に値下げをしました。当時、デジタル・ディレイには高価な印象があったため、アナログ・ディレイのBOSS DM-2と価格差が小さくては良くないと考えられたからです。

BOSS DM-2を値下げするだけでは、24,800円で購入した人に申し訳ないということで、改良を加えたBOSS DM-3の発売が決定したという経緯があります。より工夫を凝らしたモデルではあるもののBOSS DD-2 Digital Delayの影に隠れてしまったため、注目度は低いものとなりました。

しかし、デジタル・ディレイに新鮮さを感じていた当時とは違い、今ではアナログ・ディレイならではのヴィンテージ・サウンドを求める人も増えています。そのため、BOSS DM-3は今もなお中古市場で需要のあるエフェクターとなっており、高価買取を期待してもいいでしょう。

BOSS(ボス)DM-3はよりクリアーな音質を実現

BOSS DM-3は、BOSS DM-2よりもクリアーなサウンドを実現しているのが特徴です。ディレイを作り出す基本構造はほとんど同じですが、ノイズ対策を重視してBBD素子を低電圧タイプに変更しています。作り出すディレイ・サウンドの切れ際が良く、原音との分離も良好です。

また、DIRECTアウトプット端子を新たに追加し、原音のみを出力することを可能にしました。通常のアウトプット端子と併用すればより空間的な広がりのあるサウンドを再現することができ、BOSS DM-3独自の音を作り出すことができます。BOSS DM-2のほうが人気があるとはいえ、サウンドの違いからBOSS DM-3を求める人もたくさんいるので、買取市場でも人気のエフェクターです。

BOSS(ボス)DM-3は楽器の買取屋さんが高額買取

BOSS DM-3の買取価格・相場査定を紹介しました。BOSS DM-3はすでに生産が終了していることからも、高価買取の期待できるエフェクターです。いまだにヴィンテージ感ただようアナログ・ディレイを求める人は多く、問題なく買取をしてもらえるでしょう。

楽器の買取屋さんでは、BOSS DM-3の高価買取も行っています。お問い合わせをいただけるようなら以下のページをご確認のうえお電話ください。

【買取強化中】BOSS エフェクター各種

楽器の高価・即日買取なら楽器の買取屋さん

高く売りたいけれど、ヤフオクやメルカリで売るのは手間がかかる!
自分の大事な楽器をちゃんと価値のわかる業者に売りたい!
わざわざ、外に売りに行くのがめんどくさい!
そんなお客様のご要望にしっかり応えることができるのが楽器の買取屋さんです!

  • 買取専門だからできる高価買取

    店舗を持たず買取用の倉庫のみ!極力経費を抑えてるので買取価格に反映してます!買取価格・買取品目他店様に負けません!

  • 楽器へのこだわりがあるから丁寧買取

    楽器好きが楽器を大切に扱うのは当たり前!身だしなみやマナーも徹底教育して、気持ちの良い買取を心がけています!

  • どこよりも早く伺います!スピード買取

    即日最短30分で買取伺い!早く現金が欲しい!早く片付けたい!などなどスピード対応いたします!

年中無休!土日祝日もOK!

楽器の買取屋さんからの約束

  • 約束その1
    「押し買い」などの買取行為は一切行いません!
  • 約束その2
    盗難品・不正商品の買取は一切行いません!
  • 約束その3
    反社会的勢力からの買取は一切行いません!