Javascriptの設定を有効にしてください。お使いのブラウザはJavaScriptをサポートしていないか、JavaScriptの設定が無効になっています。このサイトでは、JavaScriptを使用しています。すべての機能をご利用希望の方は、JavaScriptを有効にしてください。

あなたの楽器が高額買取のチャンス!

高額買取アイテム

BOSS(ボス)DM-2の買取価格・査定例!高価買取が期待できる機種・モデルは?

あたたくて広がりのあるアナログ・ディレイが特徴のBOSS DM-2。1981年に発売されたBOSSコンパクトシリーズ初のディレイ・ペダルです。独特の温かみのあるアナログ・サウンドは、今でもプロが好んで使用するほどの人気を誇っています。

今回は、そんなBOSS DM-2の買取査定価格や高価買取ができるモデルの紹介をしていきます。

BOSS(ボス)DM-2の買取相場

BOSS DM-2は、中古市場でもいまだに需要のあるモデルであり、高価買取が期待できるものです。そんなBOSS DM-2が、買取価格に与えている特徴を見ていきましょう。

1984年の生産終了以降も人気の続くBOSS(ボス)DM-2

1981年6月に生産が開始されたBOSS DM-2は、発売後すぐ話題になりました。当時、空間系エフェクターといえばどれも高額で大型だったからです。大型の空間系エフェクターが主流の中、突如としてコンパクトなBOSS DM-2が発売されたために、多くのギタリストが好んで使いはじめます。しかし、1984年の2月にBOSS DM-2の生産は終了。その後は後継機のDM-3が生産されはじめるため、数が増えることはなくなりました。

生産が終了しても、BOSS DM-2の人気が衰えることはりません。現在でも、多くのアマチュアギタリストからプロギタリストまでが愛用しているエフェクターです。デジタル・ディレイが主流の現在ですが、BOSS DM-2のようなアナログ・ディレイを求める人も多くいます。

「正統派」「王道」といった言葉が似合うようなディレイ・サウンドは、逆に現在では珍しい音質となっています。飾り気のないシンプルなサウンドを求める人の中には、BOSS DM-2のアナログ・ディレイが理想で、価格が高くても欲しいと思っている人が少なくありません。そのため、高価買取が期待できるモデルなのです。

レアエフェクターのため買取価格が高騰するBOSS(ボス)DM-2

BOSS DM-2は、中古市場で滅多に出回らないモデルのエフェクターです。BOSS DM-2が生産されたのは1981年から1984年の数年間のみで、すでに生産が終了しているのが主な理由のひとつ。すでに生産されていないモデルのために、お目にかかる機会も少ないことから、レアエフェクターとして高額で取引されています。

需要がありながらも供給が追いついていないモデルは、基本的に高価買取になる期待値が高くなります。なぜなら、欲しい人が多いにもかかわらず商品の数が少ないということは、高価買取額より高値で再販しても、ほかの人に先を越されたくないなどの理由から、「それでも買いたい!」と思う人が出てくる可能性が高いからです。

傷があっても買取可能なBOSS(ボス)DM-2

BOSS DM-2は、傷や汚れがあってもほとんどの場合は買取されているエフェクターとなっています。なぜなら、市場に出回ることが少なく、供給が追いついていないタイプのエフェクターだからです。BOSS DM-2を欲しいと思ってもなかなか見つけることすらできないため、傷や汚れが多少あったとしてもすぐに購入する人がたくさんいます。もし、あなたが持っているBOSS DM-2の状態が良くなかったとしても、買取をあきらめることはありません。

ただし、傷や汚れがあると減額対象になるかもしれない点には注意しましょう。BOSS DM-2が高価買取を期待できるモデルだからといっても、あまりに状態がひどいと大した金額にならないかもしれません。そのため、汚れがある場合はなるべくきれいに取り除き、これ以上傷がつかないよう丁寧に扱いましょう。また、動作しない機種は買取価格が下がるどころか、買取できない可能性も高くなってしまいます。買取査定を受ける前に、一度動作確認をしておきましょう。

BOSS(ボス)DM-2で高価買取が期待できる機種・モデル

アナログ・ディレイが魅力のBOSS DM-2は、高価買取の期待できるモデルですが、生産されている種類は限られています。しかし、復刻版など、仕様の違いがあるモデルも発売されています。

ここでは、高価買取が期待できるモデルを順に確認していきましょう。

BOSS(ボス)DM-2 DELAY/MN3005,MN3105(前期型)

BOSS DM-2の中でもとくに初期型になるBOSS DM-2 DELAY/MN3005,MN3105は、太くてあたたかみのあるサウンドが特徴。レア度がかなり高く、高価買取が期待できるモデルです。しかし、そのぶん入手難易度の高いエフェクターのため、所持している可能性は低いでしょう。

BOSS DM-2の年代は、型番を見ることによって判別することができます。ディレイサウンドに欠かせない、「遅延素子」と、「クロックドライバ」と呼ばれる回路パーツが搭載されているので、その番号を見てみましょう。もしあなたのBOSS DM-2に「MN3005」「MN3101」がペアであれば、それは前期型のモデルです。

BOSS(ボス)DM-2 DELAY/MN3102,MN3205(後期型)

BOSS DM-2が生産された中でも、後期に作られたモデルがBOSS DM-2 DELAY/MN3102,MN3205です。前期よりもノイズが少なく、クリアなサウンドが特徴となっています。前期型よりも希少性は低いものの、十分レアエフェクターといえる存在のため、高価買取を期待していいモデルです。

後期型も前期型と同様、遅延素子とクロックドライバに記載されている番号を見ることで、どちらか判断することができます。後期型の場合は、「MN3205」「MN3102」と記載されているはずです。前期型・後期型どちらもパーツが廃盤になっているため、残っているだけでもかなりの希少性となります。

BOSS(ボス)DM-2W 技 Waza Craft

近年、BOSS DM-2の復刻版として発売されたのが、BOSS DM-2W 技 Waza Craftです。数々の名器を復活させているワザクラフトシリーズの第3弾として発売されました。BBDを使用したフルアナログ回路によって、初期BOSS DM-2のマイルドなディレイ音を忠実に再現しています。

BOSS DM-2の現行版となるBOSS DM-2W 技 Waza Craftですが、そもそも初期型のBOSS DM-2に希少性が高いため、高額で買取される可能性があります。復刻版のワザクラフトシリーズは、どのモデルも買取価格が落ちることなく、高音で取引されている傾向です。もし、こちらのモデルをお持ちの場合は一度、買取査定に出してみると予想以上の値段がつくかもしれません。

BOSS(ボス)DM-2の年代別による仕様・買取価格の違い

あまり種類の多くないBOSS DM-2ですが、年代によって仕様や買取金額が異なります。ここでは、年代別による買取価格の違いも一緒にチェックしていきましょう。

前期型・後期型で買取価格に違いのあるBOSS(ボス)DM-2

初期型のBOSS DM-2では、前期型と後期型で買取価格に差が生まれます。より古いタイプの前期型のほうが希少性が高く、手に入れるのが難しいからです。前期型と後期型を見分ける方法は前述したとおり、回路パーツに「MN3005」「MN3101」が記載されていれば前期型、「MN3205」「MN3102」と記載されていれば後期型となります。買取査定を検討している人は、一度ナンバーを確認してみましょう。

しかし、高値で買取される前期型ではなく、後期型だとしても問題ありません。そもそも初期型のBOSS DM-2は現行のBOSS DM-2W 技 Waza Craftよりも高値で買取されやすいからです。初期型のBOSS DM-2は出回ることが少ないため、前期型であろうと後期型であろうと高値で買いたい人はたくさんいます。買取価格が気になる人は、ぜひ査定に出してみましょう。

前期型・後期型ではパーツ・音色に違いのあるBOSS(ボス)DM-2

前期型と後期型のBOSS DM-2では、パーツや音色に違いが出てきます。前期型はヴィンテージ感の漂うあたたかみがあって太いサウンドが特徴、後期型は前期型よりもノイズを抑えたクリアなサウンドが特徴です。どちらが良いというわけではなく、どちらも味があって良い雰囲気を出してくれるエフェクターとなっています。

サウンドの違いはパーツの違いから生まれています。増幅回路やフィルターに使われるオペアンプが、前期型と後期型で違うからです。また、ひとつの見分け方として、裏の 「MADE IN JAPAN」という文字が 中央に書いてあるのが初期型、右寄りに印刷されているのが後期型ともいわれているので、参考にしてみてください。

復刻版はカスタムモードを搭載したBOSS(ボス)DM-2

復刻モデルであるBOSS DM-2W 技 Waza Craftは、カスタム・モードを搭載して、より現代の音楽に適したサウンドを奏でてくれます。あたたかみのあるヴィンテージなサウンドに、クリアなディレイサウンドを両立することができました。しかし、初期型のBOSS DM-2の雰囲気を失わないサウンドは、ワザクラフトシリーズのクオリティです。

初期型のBOSS DM-2よりも買取価格は落ちるかもしれませんが、十分人気のあるモデルなので買取価格は納得できる価格になる可能性が高いです。BOSS DM-2の弱点を補うようなスペックなので、初期型では納得できない人に需要の高いモデルとなっています。もし、ご自宅に使っていないBOSS DM-2W 技 Waza Craftがあれば、ぜひ買取査定に出してみましょう。

BOSS(ボス)DM-2は楽器の買取屋さんが高額買取

BOSS DM-2の買取・査定について取り上げました。BOSS DM-2の生産は終了しているため、中古市場でも買取相場が高いコンパクト・エフェクターとなっています。傷・汚れがあっても高価買取を期待できるモデルなので、BOSS DM-2をお持ちの方はぜひ検討してみてください。

楽器の買取屋さんではBOSS DM-2の高価買取も行っています。お問い合わせをいただけるようなら以下のページをご確認のうえお電話ください。

【買取強化中】BOSS エフェクター各種

楽器の高価・即日買取なら楽器の買取屋さん

高く売りたいけれど、ヤフオクやメルカリで売るのは手間がかかる!
自分の大事な楽器をちゃんと価値のわかる業者に売りたい!
わざわざ、外に売りに行くのがめんどくさい!
そんなお客様のご要望にしっかり応えることができるのが楽器の買取屋さんです!

  • 買取専門だからできる高価買取

    店舗を持たず買取用の倉庫のみ!極力経費を抑えてるので買取価格に反映してます!買取価格・買取品目他店様に負けません!

  • 楽器へのこだわりがあるから丁寧買取

    楽器好きが楽器を大切に扱うのは当たり前!身だしなみやマナーも徹底教育して、気持ちの良い買取を心がけています!

  • どこよりも早く伺います!スピード買取

    即日最短30分で買取伺い!早く現金が欲しい!早く片付けたい!などなどスピード対応いたします!

年中無休!土日祝日もOK!

楽器の買取屋さんからの約束

  • 約束その1
    「押し買い」などの買取行為は一切行いません!
  • 約束その2
    盗難品・不正商品の買取は一切行いません!
  • 約束その3
    反社会的勢力からの買取は一切行いません!